カテゴリ:ひとりごと( 12 )




ものをかくこと

もじ書くときに、おもうこと

・何もしらない人がよんでもおもしろい?
  ただしマニアックを一概に避けるものではなく、
  気配の通じるマニアックはおもしろい

・詳しい人がよんでもおもしろい?
  検索する限りで他メディアに一度も出ていないような内容を
  一点でいいから含む

・取材対象がよんでもおもしろい?
  本人が言語化できていないもの、こと 
  言語化されていないこと の「言語化」をする

  あるいは自覚外の「切り口」の提示

  ないしは画像化されていない魅力の「画像化」

   "絵にも描けない美しさ"が描けないなら画家はやめた方がいい
   "写真にとれない美しさ"が写真にとれないなら写真家はやめた方がいい
   "言葉にできない"ことが言葉にできないなら文字は書かない方がいい
    というレベルで

・読み手に与える影響を考える
  記事が正しくても、影響が逆側な場合は不可
   
   たとえば「●さんが学芸員は■と失言」した際の
  「学芸員は■」を表題とした記事は
   学芸員は■の発言だけが頭に残り
   肝心の誰が失言したのかが全然憶えられなく、
   いっそ表題は「●致命的な失言」とでも書くべきだったのでは

   というような、何を書いているかではなく、
   最終的に読み手の印象に残る部分がどこかを
   みずから読みながらよく考える

・インタビュー発言をうのみにしない
  とくに数字もの
  2、3の別資料で裏をとる

・この記事はそれ自体が宝物になりうるか
  インタビュイーの魅力を十分に描く、の、その先に辿りつけるか




[PR]



by a-avenue | 2017-06-23 09:58 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

月への階段 夕日の道

海でもみたいと
葉山をめざしていたつもりだった

いい天気の一日の夕方、
まだ逗子の海沿いの道で
d0179447_15563687.jpg


海の中にすぅっと伸びる陽の光
d0179447_155640100.jpg

月への階段・・・を思い出す

月への階段の画像検索の結果
-------------
月への階段を知っていますか?
それはオーストラリアのブルームで知られる
潮のひいた浜辺を照らす帯月が、まるで階段のように見える神秘的な自然現象のこと。
英語では、「Staircase to the moon」
毎年3月から10月の満月の夜だけ、特に8月から9月が見るのに適していて、水平線すれすれに現れた月は、まるで太陽が現れたのかと間違えるほど明るく海岸を照らすそう
---------------

この話を知ってからは時々満月の夜に海をみる。
すこしの階段が出来ている風景にはブルームに限らず日本でも時々出会う

でも登り口がたいていは海のまんなかでどうやってそこから登るかが問題なのだけれど


夕日を見ながら浜辺に出たら
ああ・・・
ことばをうしなうほどに夕日から足元までの道がまっすぐに
d0179447_15572174.jpg


寄せる波が、夕日をとどける 
手で夕日入りの海の水を掬う
裸足で海にすこし入れば、そのまま歩いて夕日の水平線に届きそう
d0179447_1557309.jpg

d0179447_15573438.jpg


10分とたたなかったろうか
やがて道は消え、日が姿を消した
d0179447_15573989.jpg


すこしその空をみあげた
d0179447_15574234.jpg






[PR]



by a-avenue | 2015-01-10 16:30 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

あけましておめでとうございます

2015年、あけましておめでとうございます。

年末の『行く年来る年』に、
富山新幹線の3月開業をまつ人々の風景が映るのを見ながら
来年はきっと北海道新幹線の開業を待つ函館が映っているんだろうなぁなんて思いながら
新年は浜松で迎えています。

大晦日に着いたグランドホテル浜松には
d0179447_8154564.jpg

初日の出の部屋が最上階にご用意^-^♪
これは起きないとでしょう!!

そして1月1日


夜明け前
d0179447_7544648.jpg


左の方に見えるのはきっと富士山
d0179447_7572614.jpg


天候はやや曇り
始め見えていた富士山も夜明け頃には雲に姿を隠します。
d0179447_7583755.jpg



いつもじゃないからありがたい
そんな富士山の拝める朝

朝から初日の出をみたいと12階に集ったひといっぱい
みんなの願いは日の出と
そして
よい年になりますように

d0179447_759483.jpg


雲がきれている部分もあるのだけれど
日の出る方向はきっと画面右、こちらの雲がなかなか厚く

d0179447_814633.jpg


初日の出から10分とすこしして
雲間からおはようございます

d0179447_8345.jpg


誰かがかしわ手をうちました
新しい年の朝の光
d0179447_835494.jpg


風景の中に入ってきたのは朝から動き出した新幹線
だいぶね、ついついこれを写真風景に入れちゃう習性がついてきた・・・
d0179447_841087.jpg


東海道新幹線は2ヶ月前に50周年を迎えています。大先輩。
今なお新年の朝から動いてて、いつもありがとー。

d0179447_841540.jpg


2015年が始まりますね

元旦の演奏は11時半からと15時から、浜松グランドホテル新館2階ロビー
最上階までの吹き抜けのロビーですごく音がよく響きそうです。
d0179447_89321.jpg


朝の始まり
今日の始まり
今年の始まり
いつもの始まり
d0179447_85629.jpg


本年もどうぞ宜しくお願いいたします
浜松からあいをこめて



追伸
ホテルの朝食バイキングがおせち料理って
初めてみました!
d0179447_1011932.jpg



[PR]



by a-avenue | 2015-01-01 08:10 | ひとりごと | Trackback | Comments(1)

キグルミ目線~【中から目線】

2012年にいっしょにボストンのイグ・ノーベル賞の授賞式に演奏に行ったりと
ときどきご一緒しているかわいいパペット型楽器のケロミン。

このケロミンの着ぐるみの中の人をつとめる機会があったのですが

★初めてわかったキグルミ目線★

○着ぐるみにしてもいいこと おなかに抱きつく or おなかを触る
  たいてい実際のおなかとの間に相当の空白があります

×着ぐるみにするとあぶないこと 胸に抱きつく or 胸あたりを触る
  もし中身が女の子だった場合、リアル胸とほとんど距離がない可能性があります

しかも背丈の都合、もし中身が女の子だった着ぐるみに出会って、男性が無邪気にその着ぐるみに抱きつくor触ると、期せずしてそうなることがあり

きゃっ
・・・


d0179447_22292112.jpg


さまざまな着ぐるみへの親愛の情は、どうぞおなかのあたりに♪
[PR]



by a-avenue | 2014-11-22 22:29 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

15夜

蝕の初めのころは少し顔を隠す様子が見えていた月も
徐々に雲にすっぽり覆われていく

さて

今宵は月が隠れるのを見て悦ぶ夜ならば
もともと隠れていても差し支えないのでございましょうか?

雲よ雲よも月のうち


横浜の象の鼻のそば
海を眺めてベンチに腰をおろす
偶然の近くのひとたちと
見えないですね
と言葉を交わす
皆既月蝕、はじまりといわれた七時半から一度も雲幕は開かない


夜の八時半に皆既食時間の終わり

ずっと赤い雲みていた

海岸沿いでふたりの女性とひとりの犬と少しだけ友達になって
また何年かしたら月蝕の夜にここで会いましょうといってわかれた


別れ際に
「また」とつい言ってしまったら
「また何年かしたら」


雲に隠されて太陽を隠されて

どうやったって月の見えない満月の夜に
守らない約束を温かく交わした

そしてこの約束だけで
ここにきてよかったと思った






[PR]



by a-avenue | 2014-10-08 20:30 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

14夜

d0179447_1551523.jpg


雲をも通る夜空の点に
照らされる土地の表皮が
ぬるりとひかり

しかれども
衛星はまとわり回るものならば
あなたと私とどちらが月かと

d0179447_1552186.jpg

[PR]



by a-avenue | 2014-10-07 23:00 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

うつせみ

9月のおわりに
横浜の根岸森林公園をお散歩していたら
まだセミが鳴いていて驚いた…!

って友達にいったら

「だいたい今、セミ・ファイナルだから」

といわれて

おー。




最後に生き残るのはだぁれ?

ひとり鳴く声が愛の歌ならば
声鳴き誰かがあなたのそばに
在りますように







[PR]



by a-avenue | 2014-10-03 11:40 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

紙芝居いろはのい

紙芝居の会社に行って
紙芝居の練習をみてきました

紙芝居は大きく分けると
街頭紙芝居と教育紙芝居とあるそうで
今日は教育紙芝居の方を。

●扉開閉の作法
1.扉を開く作法

自分の立ち位置は紙芝居の後方ややシモテ側なので
一番最初にカミテ側をあけて、次にシモテ側、最後に上をあける

もし先にシモテ側をあけてしまうと
あけた扉自体がカミテ側にアクセスする際の障害物になってしまうからだそう

例外としてどれか最初にみせたい絵、最後に見せたい絵がある場合は
それを意識した順で開いてよい

2.扉をしめる作法

物語が終わったら
最後の一枚は残したままひきぬかない
(最初の絵にはもどらない)
とじる順はあけたときと逆で
上を閉じ、手前(シモテ)をとじ、奥(カミテ)を閉じる

続けて演じる場合はカギは閉めなくても可


■扉をつかわない方法
扉は常に開いたままで
どん帳を意味するようなカーテン図柄の紙を一枚用意し
それを抜き取るところから始めたり


●抜きについて

紙芝居を抜いている間はセリフはしゃべらない
まの3秒(間か魔か不明。魔っぽいアクセントだったけど
今書いてて間かもと思えてきた)

●身振り手振り目線

この流派では紙芝居に集中させるため
身振り手振りは使わない
目線をお客さんに送る回数も一話につき一回くらいの方が効果的

●ページ数
4の倍数 8枚12枚16枚
印刷の関係で

●流派の名前
今日きいたのは 紙芝居文化の会 で学んだ方々のお話
http://www.geocities.jp/kamishibai/

街頭だとどこが有名かおたずねしたところ
京都の やっさん一座 とか
http://yassan-ichiza.tk/
(東京事務所)

●その他 
カフェ土瑠茶
members.jcom.home.ne.jp/dolce34/



●あとで家帰ってからさがした10則のまとめてかいてあるとこ
http://sasaki-sasaki.com/the10rules.pdf
[PR]



by a-avenue | 2013-04-08 17:30 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

むかしばなしのかたち

(映画関係の人たちと飲みながら話していて
彼らは独白シナリオのことを考えていたけれど
私は昔話ができるなぁって思っていた。)


おじいさん
  「まぁキミみたいな若造には、わからないだろうけれどね」


   好きな様に語る
   語りかける相手がいるような口調を時々
   思う存分話しきる


  「ところでキミ、幾つなんだい?」
(こたえにかかわらず)
  「まぁキミみたいな若造には、わからないだろうけれどね」



こんな定型。

どんな昔話もできていいね
こんなおじーさん、いっぱいいたらいいね
[PR]



by a-avenue | 2012-12-26 01:00 | ひとりごと | Trackback | Comments(1)

紫陽花と向日葵のこと

紫陽花と向日葵のこと

7月の終わりの岩手県
「アジサイとヒマワリが隣に咲くんだね」

そう言われて
ほんとに、となりにいっしょに、なかよく咲いてる
紫と黄色


もうすこし北上して、
函館にいると7月の終わりから8月にかけては
アジサイの季節

三度目のこの町のこの季節に
この花が今あることがだんだん自然
からだに季節がなじんでくる。
ヒマワリは、ここではあんまり見ない



東京なら
アジサイは梅雨の花で 梅雨ならば6月
ヒマワリは夏の花で 真夏に元気



こんな歌ならば季語みたいな花が
しめす月がいっしょじゃない


こんなこともすこしの この国の すてきなこと?
[PR]



by a-avenue | 2012-07-30 20:52 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)

手回しオルガンの木の音色 まちからここから www.temawashi.org
by a-avenue
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
手回しオルガンがくるよ♪
てまわしオルガンのこと
まちの人と
谷目基さんの木製オルガンと函館
谷目基さん手廻しオルガン製作記
函館と北海道-旅人以上住人未満
横浜とみなとのまち
P.BOUWさん手廻しオルガン&長崎
ギリヤーク尼ヶ崎
ギリヤークさんの健康状態
コラボレーション×KINO
オルガンの町 Waldkirch
オルガネッタと
Pierre Charial
オルガンの作り手とその町
手回しオルガンのある場所
手廻しオルガンのある作品
手回しオルガンを弾くひと
オルガンロールを作ってみよう
オルガンブックを作ってみよう
オルガンのメンテナンスいろは
オルガン笛を作ってみよう
手回しオルガンの鳴る仕組
バレルオルガン治してみよう
コンサーティーナをなおそう
人形演劇について
ひとりごと
木のものと
くるくる回そう くるくる回想
北海道新幹線の始まりの日
北海道新幹線2 初めて走る日
北海道新幹線3 新幹線と会いたい冬
北海道新幹線4 ぴったり150日前ツアー
北海道新幹線5 新幹線と会いたい秋
北海道新幹線6 新幹線になりたい!?
北海道新幹線7 開業100日前
北陸新幹線一番列車で初往復
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

ひとことでいうのは難しい..
by a-avenue at 18:48
初めまして、楽しくプログ..
by 楽器好きです at 01:23
今日、NHKの「世界ふれ..
by テレビ好き at 22:28
サミット http:/..
by a-avenue at 20:20
jr北海道 記事 ht..
by a-avenue at 20:00
函館イベント情報局 10..
by a-avenue at 19:41
なるほどね。 自分の足..
by ひろむ at 12:53
(横浜西口から10分くら..
by a-avenue at 23:54
はこだて観光大師、紀あさ..
by 宮 at 10:23
こんばんは、さっそくコメ..
by a-avenue at 21:54

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

はやぶさとはやて
at 2017-08-04 13:04
ものをかくこと
at 2017-06-23 09:58
春の予定
at 2017-04-19 17:29
メリーゴーランドと手回しオルガン
at 2017-03-12 17:29
横浜で ピアノとサーカスと手..
at 2016-08-27 15:03

ファン

ブログジャンル

画像一覧