<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧




シュナイダーとおはなし

シュナイダーは英語をはなさない
工房にいた英語を話すオルガン弾きによる話

「シュナイダーはまだオルガンを三台しか作ってない。
一台目は父にプレゼントした、20音のドイツ式のキーレス
二台目はこれ。僕(腰をこわしてしまったが彼も元オルガンビルダー)と相談して作った。
ピェールの配列に一番上と一番下の余白にもう一列ずつ穴を使って
上を小さいシンバルの制御に、下を低音のストップ制御(違うかも)用にした。
アイディアはもともと僕だけど彼はクラフトマンとして本当にすばらしいんだ。
三台目は君が町でみた黄色だよ」

だからオルガンビルダーとしてはこの町で最も新興だと思う
(この町には現存でも四組もビルダーがいてすごい)
まだyoungだからといわれていたが見た目どうだろう
西洋人はわかんないけど、20代には見えないが・・・
オルガン始めて10年とかあとはオルゴールやオルガンの修理もするとか
なんだけど
とにかくシュナイダーおもしろい

スタート地点がオルガン作りじゃなくてものづくりにある印象。

まずオルガンのつくりについては
ピエールに2列足しがすばらしいし、

父の20音も巻き戻しダイヤルと早送りダイヤルがストップでチェンジして同じダイヤルをつかってたり
三台目は前方に開閉が手元で出来る複数枚の扉があり
それを閉めると音が小さくなる、開けると笛が見えるようになり音も大きくなる
こんな音量調整ってできるんだー
いろいろ発想が自由

そのほかにも
工房の入り口は作られた蜂がぶんぶん飛んでる作られた花がお出迎え(多分ソーラー)
こどもたちに教えるのに作ったという釘の輪の中をビー球が通る楽器に鉛筆でACHIMと署名
古い鳥の鳴き声を調教するためのオルガンを再生しようとしているもの
電気専門の友人と作った電気の時計
おいでおいでってAchimが見せてくれたのは
謎の水が飛び上がるボウル(ボウルの手すりを触る振動を拡大して水に伝えているか?)
これはやらせてくれて、ちょっとコツつかむと自分でもできた。


この人、とってもたのしく物作りと遊んでる人なんだな

三週間前に広い場所を求めて町の中心からここに移動したという
ひとりにしてはずいぶん広く見える二階建ての工房

いるだけでいろいろたのしくて
ことばも通じないのにずっといた
(シュナイダーが電気は強くないので電気的なアイディアを形にするという電気系のパートナー友人と
さっきのオルガン弾きが英語のふたりになんとなくフォローしてもらいつつ)

しばらくいてから自己紹介
「ピェールのブックわたしだいすきなんだー」
って書いた記事をみせて話すと
「日曜にピェールくるよ」とシュナイダー
「朝チケットとりにいったけどsold outだったのー>_<」
「ん、待って、うちにあるよ」
え・・・?

思わぬところから今ほしかったものが出てきた
お金払おうとしたらプレゼントって。

この間なんとなく通訳なしで直接会話できてる

わ、
恋に落ちてもいいですか? ^^

うっかりオルガン頼んだ場合の値段もきいてみる
20音4000ユーロまでで
27音は7000ユーロからで

運ぶことを考えなければ
いつか彼に作ってもらうのもありだ・・・
そしたらオーダーオルガンでピェール弾けるのかぁ・・・

もうすこし恋におちたら
もうすこしドイツ語勉強したら
もうすこしリッチになったら

ああ、現実!
[PR]



by a-avenue | 2011-05-31 11:23 | オルガンの町 Waldkirch | Trackback | Comments(0)

シュナイダーにたどりつく

今回きた甲斐があった・・・!
と一番思ったのは
町外れのAchimシュナイダーの工房

路上の何台ものオルガンの中の
一種異色なサイケデリックイエロー

これオルガンの色じゃないだろ
っていう挑戦的な配色に
楽譜はピェール・シャリエル、わぁお。。。
音好み。
これは気になる

waldkirchのオルガンフェスティバルは
小さいまちの路上に大小のオルガンが100台以上。
応募は200台以上で中からどんな審査基準か謎だけど
だからこれでも絞られてるらしい。
許可アリの路上のオルガンはみんな許可番号とともに
オルガンホルダーとビルダーの両方が記されている紙をたてている。
ビルダーはwaldkirchとあるので
もしや作り手自ら弾いているかと
たずねてみる

「作ったのは僕じゃないんだけど町外れに工房があって
あ、今そこに通りがかったのが作った人の父だから父についていくといいよ」

と。
いきなりシュナイダー父(英語話さない)とゆっくり町をつっきっておさんぽ。
シュナイダー父はちっちゃめでサングラス。

この町にはオルガン工房がよっつあるが
前日一人で歩いてて探せなかった工房なので渡りに船。

今日は途中途中おおきめの紙(A2くらい)にマジックで手書きで
 シュナイダーこっち
っていう案内が出てる

直球でいとおしい。
シュナイダー父もそれをみて笑ってた。
[PR]



by a-avenue | 2011-05-31 11:19 | オルガンの町 Waldkirch | Trackback | Comments(0)

あ、ところでなにしてるか

いってないかも

ドイツの田舎の
三年に一度のストリートオルガンフェスティバルにいってました

南の方 で 東の方

やや大きいとしだとフライブルグが近い。

空港だとドイツ内より
スイスバーゼルが近い

次スイスならチューリッヒ

そんなところでの
夢の三日間を
すこしずつ
[PR]



by a-avenue | 2011-05-31 11:18 | オルガンの町 Waldkirch | Trackback | Comments(0)

chili

チリからの五人組
父がオルガンビルダーでオルガン弾き
息子ふたりとともだち二人で全部男性
(+演者ではないが母1人)

のうちの三人が太鼓を背に持っていて
太鼓の上にシンバルがついてて
足の引っ張りでシンバルが鳴らせる

芸の構成は父のオルガンで始まる
最初は静かにオルガンを聞かせ

それから三人の太鼓ダンスがオルガンに被さる
くるくるまわりながら
とっても早くくるくるまわりながら
太鼓だんだん足ステップ くるくるだんだん

それはだれでもたのしくなってしまうよ

オルガンを使った芸でサークルショーでも出来そうな力をもってるものとしては
はじめてみた合格点
日本にきても世界中どこでも通用するだろう

個人的には静かでそんなに見る人が足をとめない芸が実は好きなんだけど
彼らは彼らの力があって

もともと日本の知人からチリの人たちがいいとすすめられていたから
初日は彼らを探していて、広場で
私が「あなたたちチリですか?」って最初に話しかけた相手が多分マネージャーかな
名前をアルトゥロという、
終わってから彼の方から話しかけてくれ
こちらも日本で弾いてるんだと自己紹介
「これから町へいくけどくる?」
というので誘いにのってみる。

彼らの町動きはすごいです
一回あたりが二曲か三曲の短いスパンで弾いて踊って帽子出して移動
っていっても200メートルも動かないような気がする
また止まって弾いて・・・
町中をそうやって染めて歩いていく。

ほぁー

三回目の場所まで着いていったら
「弾いてみる?」ってうわぁい、やったー
弾かせてもらう
ハンドルが軽い。
バレルオルガン。
(楽譜がブックでもロールでもなく木にピンを打っているもう1世代昔の型)

オルガンの台が工夫されてて
石畳だからというのと移動距離が多いのでって台車ではなく背負える形
一脚的な棒がついてて止まって弾くときはそれで支える
いいなこれ

「また次のとこいくけどいっしょにいく?」とアルトゥロ

もうなんかフトコロに飛び込めちゃった感じがするし
初日は天気もあまりよくなかったしまだ金曜だし

彼らと運命をともにするのがよかろうと
一日中一緒にいる
とにかく要所には全部重要なときにまわってるから町も掴めてきた。
10回以上も芸みたかな
まだ楽しい
リズムのちから 踊りの力

チリ人はスペイン語だとのことで
二日目には何か話さないと

こんにちは = オーラ を調べたあたりで
眠気に沈む・・・初日の夜

オーラ話すようになっただけで
みんな名前よんでくれた二日目。

現地二組目のお友達。
[PR]



by a-avenue | 2011-05-31 11:16 | オルガンの町 Waldkirch | Trackback | Comments(0)

ROGEU & DAVID from イギリス

先の日記の最後の英語を話せるふたり組は
ロジャー(ROGHU かも知れない)とディビッド
from イングランド

この町での最初のおともだち。

父と息子(DAVID) 印象で父が60代

息子がとてもいいオトコで
髪は茶色系の金色で、鬚も整ってて
かっこいー・・・

息子はいつも「yes yes」か「yeah yeah」かわかんないけど
とても楽しそうに肯定的な相槌を誰と話しているときもしている。
印象として高い声というわけではないが
分析するとやや高めのキーなのでよく通る。

その声をきいただけで振り返ればディビッド
ハロー!
いるだけで人を楽しくさせるタイプ。

彼らはオルガンビルダーなのかな
話の中で作ったもののことが出てこないのでリペアだけな気もする
父はイギリスのMechanical organ ohners societyの代表か?

このお祭りにくるのは初めてといっていたけど
めっちゃ知り合いがおおい
しばらく一緒いたけど
そこら中に
どこむいても ハイ ハロー! イエス

そんな彼らをみながら
私はオルガンバスカーだけど
やっぱりこの世界の一面はソサイエティだな
と思う。
振る舞いとしてそういうのもできたほうがいいんだろーな

翌日
ディビットが疲れて車の中で寝てるときに
父単独と再会。
イギリスの写真いろいろみせてくれて
一面の雪景色
とても寒いところからきてる
すごく広い工房というより博物館に近い印象の場所
なぜかオルガンだけじゃなくて古い車もいっぱい

「これディビッドが直したんだ」って
かなりの大型のオルガンの写真がいっぱいでてくるから
どんだけ広いんですかあなたの家は・・・

父が住所を書いてくれたけど
できれば明日息子からメールをきいておきたいなー

そして今日も昨日よりさらに近距離を車に乗せてくれて
やっぱり私最後の箇所で地図読み間違えていた
御陰様でぶじ教会にたどり着く

いつかこのふたりイギリスにたずねてみたい
夏に!!
[PR]



by a-avenue | 2011-05-29 07:07 | オルガンの町 Waldkirch | Trackback | Comments(0)

ドイツの人は親切です

【CASE1 ホテルにつれられていく】
今回駅から二キロくらいと
すこし離れたホテルにとまっていて
地図がよめない女は早速、まっすぐ続くと思っていた道が切れて路頭に迷う
曲がった道でGS発見!ここできくしかない。
この先次どこで人類に遭遇するかわからんっ

くらいのやや田舎

GS親父、英語話さず
「English?」とお客さんの女性が助け舟を出してくれる
ここに行きたいと住所を伝えると
女性、親父に尋ねて
「あっちいってこっちいってだいたい五キロくらいね」
「ごきろっ!?」

 車?車じゃないの!?じゃあ乗っていく?
 今日このあとギリシャとイタリアの知り合いとパーティがあって英語だから
 英語で話すトレーニングになってうれしいわ

やさしい人でした。
うーん。五キロも無かったっていうか多分あと一キロ地点だったとおもうけど
無事宿につけました。ありがとうございます。

【CASE2 工房につれられていく】
さて、手廻しオルガンフェスティバルの町で
手回しオルガンの町一番の工房にいきたいが
メモをよみまちがえていて
行きたい場所への矢印が出てきたがなぜ今矢印が出たかわからず立ち止まり地図をみながら首をひねる
横にきた車がとまる
「どこいきたいの? そこ? じゃあおのりなさい」

また乗せられる。
そしてぶじ着きました。わーい。
だいたい300メートルくらいだったけどそこから三回曲がったからひとりだと辛かった。ダンケ。
オルガン工房♪♪

ちなみにここまではどちらも車の中は運転手の女性ひとりの安心ケース

【CASE3】
工房で本日の見所を英語でたずねていると
そのあと同じことたずねたふたり組の男性。

「この時間ならミュージアムにお行きなさい。」

と私と同じことを英語ですすめられている。英語圏かー。
わたし若干ミュージアムへの道が自信なく
ここはちょっともう確信犯でいこう、

「ミュージアムいくのですか?」と英語で彼らに話しかける。

「いくよ 君も? 車ないの? 乗ってく?」

だいたい500メートルくらいだったけど
最後の角は私の地図からの見当と逆だった。

そうして地図を読むかわりに車に乗ることを覚えた・・・

ヒッチハイカーまであと一歩!
[PR]



by a-avenue | 2011-05-29 07:02 | オルガンの町 Waldkirch | Trackback | Comments(0)

とおりゃんせ、おじょうさん

ピェールじゃないけど巴里の話です
巴里のメトロにはときどき近くに券売機のない改札口があります

どうしよー、と思っていると

パリの殿方が現れ
ひょいと改札口を飛び越えて

振り返り、
どうぞ、とエスコートしてくださいます

「あんたもどうだい?」
というよりは
「どうぞ、おじょうさん」
という感じです。

パリの地下鉄は、一律料金で
入れれば出口での切符チェックはありません
いえ、ガイドブックには書いてあるんです!!
時々検察が来て見つかると高くつくから切符は出るまでなくすなと。

なくしてなんかいないわ。
もとよりなくすものなど何もないのよ。

一泊二日の滞在中に三度は受けた素敵なもてなし

そんなパリの顔もアタシちょっぴり好きよ
[PR]



by a-avenue | 2011-05-21 09:43 | Pierre Charial | Trackback | Comments(0)

ピェールシャリエルに会いに行く part2

パリの手廻しオルガン楽譜制作師ピェールシャリエルおじーちゃんに
ふたたび会いにいってきました

今度は日本の手回しオルガン弾きの方からのオツカイがあったので
事前にフランス語で彼にメールを書いておく

そして、晴れてパリ!!
ホテルのフロントでピェールさんと話したい13個の会話をフランス語に訳してもらう

今回はホテルもピェールさんに近いパリの南
なんとなく覚えてる道をいきチャイムをおす
ピエールさんがドアから出てきて出迎える。
あ、ってなんかいいたそうな彼に
さっと、メモ帳を見せる

【Do you remember me?】のフランス語訳

「うんうんおぼえてるよーーー!!!」(雰囲気翻訳 言葉わかってないけど多分こういってる)
買いたいと頼んでいた楽譜のリストは用意してくれていた
【私の友達は日本でオルガンを弾いています】
とか
【彼女の住所がかわりました】
とかひたすら会話カードを提示しオツカイは無事完了♪

それから、前回のピエールさん初訪問を寄稿させていただいた
冊子を見せる
【私がこの記事を書きました】
【あなたにプレゼントです】

ちょうど手回しオルガンの特集号だったので
言葉はわからなくても図面で何かが伝わっている感じ
わーい

それから
【奥の部屋がもう一度見たいです】

っていうと、前回きたときは穴あけ機械が動いていたんだけど
今回はなんにもうごいてなくて
「three minutes」(ちょっとまって)ってその日唯一の英語を話した彼は
直径70はあろうかという大きなロールをだしてきて
それをパタパタとブックとして織る機械を動かしてくれました

一回おきに紙の逆の面に折り目を切り込むためだけの機械
その先にピェールさんがたって
切り込みを利用してパタパタパタって紙を折っていく

私はこんないっこのことしかできない機械が大好きだ

前回はまったく触らせてもらえなかったピェールさんのところにあるオルガンは
今回はまわしていいよってやらせてもらえた
最初から無防備な人もいいけど
こういうすこしずつ近付けるのはうれしい

回転速度にこだわる彼はちょっとスロゥにまわそうとすると
すぐに「もっとはやく」っていう

最後に報告用
ねーねー、その本をもって
【あなたの写真とらせてください】

ピェールさんの記事の頁で撮らせてもらおうかと思ったけど
「いやいや、きみの写真ののってる頁にしよう」(雰囲気翻訳)
(この号には大道芸人手回しオルガンの人としての私の紹介記事も載っていたので)
すこしさがして
「そうか、表紙ならふたりともでてるね」(雰囲気翻訳)
って表紙を持って笑ってくれました

ありがとーーーって立ち去り際にフランス方式でハグ
「きみは、その、またフランスにくるのかい?」(雰囲気翻訳 正解率予想五割)

またくるよ!
[PR]



by a-avenue | 2011-05-18 02:34 | Pierre Charial | Trackback | Comments(0)

手回しオルガンの木の音色 まちからここから www.temawashi.org
by a-avenue
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のコメント

ひとことでいうのは難しい..
by a-avenue at 18:48
初めまして、楽しくプログ..
by 楽器好きです at 01:23
今日、NHKの「世界ふれ..
by テレビ好き at 22:28
サミット http:/..
by a-avenue at 20:20
jr北海道 記事 ht..
by a-avenue at 20:00
函館イベント情報局 10..
by a-avenue at 19:41
なるほどね。 自分の足..
by ひろむ at 12:53
(横浜西口から10分くら..
by a-avenue at 23:54
はこだて観光大師、紀あさ..
by 宮 at 10:23
こんばんは、さっそくコメ..
by a-avenue at 21:54

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

ヨコハマ・パラトリエンナーレ..
at 2017-10-13 22:06
はやぶさとはやて
at 2017-08-04 13:04
ものをかくこと
at 2017-06-23 09:58
春の予定
at 2017-04-19 17:29
メリーゴーランドと手回しオルガン
at 2017-03-12 17:29

ファン

ブログジャンル

画像一覧