<   2013年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧




オルゴールということば

オルゴールって何語かご存知ですか?

オルゴール博物館に何度か訪れたことのある方なら
答えもきいたことのある質問かもしれません。

オルゴールは、実は日本語なんです。

ここからオルゴールの小さな博物館のHP引用------------------
 http://www.musemuse.jp/diarypro/diary.cgi?no=272
江戸時代の末期にオランダから渡来した自動オルガンが語源です。オランダ語ではオルガンを「ORGEL(オルヘルと発音)」といいますが、当時の日本人は自動で楽器を演奏するものを「ヲルゲル」と呼ぶようになりました。その後「ヲルゲル」「ヲルゴル」「ヲルモウル」「ヲルゴルナ」など様々な呼び方がされましたが、昭和になってから一般的に「オルゴール」と呼ばれるようになったようです。
--------------------------------------

オランダから渡来した自動オルガンのオルガンを表すORGEL(オルゲル)
がオルゴールに転じたという解説が、日本では一般的ですが
P.BOUWさんはこれに物申す、だそう。

「ORGELをオルゲルと発音するのはドイツの読み方で
オランダ語ではGの音にならないので
実際にオランダ人の発音を聞くとオルホール(ホはやや強めでGに近い)と聴こえます。
オランダから入ってきたものの発音としては、(オルゲルが転じたのではなく)
オルゴールと最初からそうきこえたのではないでしょうか」

だそう。

歴史のことなので証明はしかねますが
おもしろい話だなーと思いました。


いずれにしても、今日日本で愛されている日本語【オルゴール】の紀元は
自動オルガンらしいのです^-^

以下のページもあわせましてご紹介しておきましょう
オルゴールの小さな博物館のブログ ~オルゴールという言葉~
http://www.musemuse.jp/diarypro/diary.cgi?no=501
伊豆オルゴール館 コラム ーオルゴールについての基礎知識ー
http://www.izu.fm/shop/koramu.htm


※本稿では私もオルゴールの小さな博物館を参考文献のひとつに紹介しましたが
他の博物館の方などでも参考文献がここであるケースもあるらしく^^;
他にも色々一から調べる人がいたらいいんだけど byP.BOUWさん ということで
歴史など、正解が難しいけれど、よかったらお好きな方、色々しらべてみてくださいませ
[PR]



by a-avenue | 2013-05-17 10:00 | P.BOUWさん手廻しオルガン&長崎 | Trackback | Comments(0)

洗浄が終わって

若干中略しちゃった部分がありますが

蛇腹以外の
全部の部品
きれいにできるとこはきれいにし、

皮関係は新調いたしました結果!!!



音がだいたい同じになったーーー

16音中14音までは
蛇腹の往復で同じ音になりました!!!


これならロールつくるのそんなにむずかしくないかもっっっ

あと足りないのは
蛇腹なおしと

よく見ると、ロールのまきもどしレバーがパーツ欠けです
作らないと

一本目のロールをどうするかも紙質から形状から
まだ課題です

五合目!!!
[PR]



by a-avenue | 2013-05-17 02:00 | コンサーティーナをなおそう | Trackback | Comments(0)

バネの作り直し

自動演奏
空気制御部分
バネも作り替えです

細い0.4mmのドリルでバネの入る穴を再定義

非鉄金属のりんせい銅線
はじめは0.3mmでやったけど弱かったので0.4mmに変えて
d0179447_1575829.jpg


この豚のしっぽみたいな丸の部分がバネの力になるので
それを壊さないように

入れなおしたら
d0179447_1575641.jpg


瞬間で固定
d0179447_1575262.jpg

[PR]



by a-avenue | 2013-05-16 16:00 | コンサーティーナをなおそう | Trackback | Comments(0)

クッションの作り直し

d0179447_14531968.jpg

この図だと左下の木のパーツが自動演奏の部分の制御の肝

空気を送る送らないをつかさどっている空気信号の出入り口になり
細いバネで制御されていますが
d0179447_14582485.jpg


このバネも外しまして
d0179447_14583849.jpg


この時点で上についてる部品もはずして
d0179447_14585067.jpg


さらに空気信号の出入り口パーツも取り外し
これけっこう硬かったです
こわさないようになんとかっ
d0179447_1459627.jpg


これは16音なのでこの制御部品が16個ついているのですが
d0179447_1502877.jpg


この間の皮クッションがだめになっちゃっているので張り替えということで
上下パーツの距離を測ってからこの部品をそらに分解して真ん中の皮をきれいに剥いで
新しいものと交換します。
d0179447_150559.jpg


本体は、、、
だんだんあられもなくなってきた^^;
d0179447_14394584.jpg

[PR]



by a-avenue | 2013-05-16 14:30 | コンサーティーナをなおそう | Trackback | Comments(0)

信号読み取り部分の洗浄

私実はあとから復元できなくなって困る局面に何度か当たるので
もうちょっとまめに写真をとることをおすすめしますが

読み取り部分分解しまして
d0179447_14454832.jpg


一音ごとの読み取りをしていく部品を
みにくいですが左から一本ずつとりはずし
写真右の竹串に順番に一本ずつさして順番をキープしよう
d0179447_14455296.jpg



という局面で
この部品を保持している金属軸をいきおいよく抜きすぎて
5割くらい順不同にしてしまったんです・・・


あとでなんとかはなるんですけど
お気をつけて、わたし・・・


で、このよみとり部品を特に読み取る部分と
曲がってる角部分を
スチールウールとCRC(556)で一個ずつ丹念に磨いていきます。
[PR]



by a-avenue | 2013-05-16 12:00 | コンサーティーナをなおそう | Trackback | Comments(0)

手回しオルガンのふいごの中はね

そういえば手回しオルガンのふいごの中はね
d0179447_14315825.jpg


ふいごの中なんて見たことある人もいないでしょうし
そもそもあまり気になる人もいないでしょうけれど

逆に本ブログ
谷目基さん手廻しオルガン製作機を一からずっと呼んでる人にはおなじみ!

なのですが

外からみると皮だけですが
ふいごの中は皮だけではないのです。

こんな厚紙とか入ってる
d0179447_1432139.jpg


リブ

と呼びます。


皮のみでは風圧に対して弱いので
リブで内側から補強しているような形で
谷目さんの作っているの見ていた時は皮の内側に貼っていました。


豆知識

皮はただ貼っているだけじゃなくて
端を滑らかに角落としてから貼ります。
d0179447_1432436.jpg


上のリブもよく見ると削ってあるかな
[PR]



by a-avenue | 2013-05-16 11:45 | P.BOUWさん手廻しオルガン&長崎 | Trackback | Comments(0)

5月15日の夜ご飯

夜は八時になるとご飯を炊く準備を始めるのが
P.BOUWさんの日課らしく
炊飯器ではなくステキなお鍋でコトコトと

今日は実は東京から、手回オルガン弾きのお客さんがもう1人いるのです。

日本に何人かおられる関係者の中でも
手回しオルガンの知識ということに関しては
P.BOUWさんが一番深いところがあるので
このおふたりをおつなげしてみたかったのです。

まぁ、でも、長崎までこないよねーと思って
だめもとでお声かけてみたら、まさかの実現。
d0179447_1437691.jpg



彼は音楽に詳しい方なので
ブック製作機の作り方から
新しい楽器の構想まで話に花が咲きつつも

今日は護国寺、
オルゴールの小さな博物館の最後の一日。

私きっと護国寺にいるのかなぁと思っていたけど
長崎にいるのもありだな、と思った。

日本のオルゴール・自動楽器を見せることの始まりだった場所
日本の手回しオルガン職人のはじまり人

それは自動演奏楽器の長い歴史の中の
ほんのちょっとの、ほんの近代のことだけど

今、弾き始めた私たちは
それをどこにつなげていけるかな



d0179447_14371417.jpg

[PR]



by a-avenue | 2013-05-15 20:00 | P.BOUWさん手廻しオルガン&長崎 | Trackback | Comments(0)

製本テープ

P.BOUWさんのアドバイスでは

コンサーティーナの蛇腹の修理については
製本用の寒冷紗(かんれいしゃ)をうらから貼るといいと思う。

これは谷目さんも製本テープでとめたらどうかなって
アドバイスくださっていたので同意見。

これが寒冷紗です。
d0179447_1424921.jpg


ふいごの止めなんかにも使われていたり
d0179447_1423175.jpg


たぶん裏面にあらかじめ粘着ついてるのもあるんじゃないかな


ちなみにリードの洗浄の次のステップは
信号読み取り部分の動きがわるくなっているそうなので
そこの清掃をします。
[PR]



by a-avenue | 2013-05-15 14:00 | コンサーティーナをなおそう | Trackback | Comments(1)

リードの洗浄

さてさて

中あけてみるとコンサーティーナ
自動演奏よみとり部分はこんなんですが
d0179447_14203825.jpg


とりはずすと
裏にリードがついてるので
d0179447_14204161.jpg


リードを全部順番わかるようにメモして
とりはずし
d0179447_14204345.jpg


この皮もだいぶダメになっているので
あとで張り替えることにして全て皮を外して

いったん洗浄しましょうということで

メガネとかの超音波洗浄機に
二回ずつドブン
d0179447_14204550.jpg



おお。
リードの見た目はそんなに変わらないけど、
どんどん
水が黒くなる


「それだけ汚れていたっていうことです」
と、P.BOUWさん。



リードは
行きと帰りの蛇腹の動きに対して
裏表で同音のリードが二個ついていて
皮は
行き用のリードが帰りの時にならないようにするための皮です。
[PR]



by a-avenue | 2013-05-15 11:45 | コンサーティーナをなおそう | Trackback | Comments(0)

長崎二日目

長崎にいると函館と違って朝から晩までオルガンに漬かっているので
一日にあったことをメモしながらいくだけでも大変なのです

読み物にはなっていないけど
書かないとどんどん次のことがきて忘れてしまうので~・・・

------------------------
オルガンが手回しオルガンとして
自動演奏できるようになった大きな要因としては
ウォームギアの開発
があります

これはオルガンのために考えられた技術ではありませんが
これによって回転を直角に変えることができるようになって
現在の位置にふいごが配置し
ハンドルを後ろにもってくることが可能になり
屋外で弾くことができる形になった

------------------------

紙芝居付きオルガンの紙芝居使用時の複音の調律について

前方笛の風の向きは
谷目さんの方でもなるべく正面でなく上にでるようになど工夫してくださっているのだが
それでもまだ紙芝居使用時の複音のピッチのずれが気になるとの指摘

紙が前方にあることによって複音の前を向いている側の笛のピッチがさがってしまうので
あらかじめ調律時に、後ろ側の笛をジャストにセットし
前側の笛をそれより高めにするゆらぎをつくっておき

紙芝居がついたときに
後ろがジャストも前が相対的に低くなる形で
どちらもよいゆらぎの範囲におさめることはできないか?

よい揺らぎの範囲について
「わんわんわんわんわん ではなく わーんわーんわーん」
くらいまでのゆっくり

----------------------
複音のゆらぎについて

メロディの高音はあまりゆらがない方がいい
メロディの低音はずれてるとあったかい感じになる
伴奏部はずれてはだめ

(だいたい手回オルガンの笛はもともと何番から何番までがBass用
何番からに何番までがメロディ用などの考え方で作られている
しかし小型のオルガンではキー数が少ないため
伴奏相当笛をメロディで使ったりすることもある)
------------------------
デライカ20/20の調律について

ほぼ調律いらないはずだが
一般に低音の方が狂いにくいことと

天候などによってヘルツが変わる
(440ヘルツで調律あわせても気温が変わったら435ヘルツとかになったりする)

最低音が何ヘルツになっているかを調べて
(多分一本だけじゃなくて数本がいいんじゃないかと個人的には思う)

高音のうちのずれていると思う笛だけをそのヘルツで調律しなおすといい

----------------
管楽器は温度が下がると音がさがる

弦楽器は寒くなると音が上がる

どの楽器でも同じ方向に変化するのではなく
楽器のつくりの問題
----------------
おすすめ番組
インターネットのサイエンスチャンネル

いくつか見せてもらった
純正律について、の番組とか
基本の勉強になる感じ

一本あたり10分程度
[PR]



by a-avenue | 2013-05-15 10:00 | P.BOUWさん手廻しオルガン&長崎 | Trackback | Comments(0)

手回しオルガンの木の音色 まちからここから www.temawashi.org
by a-avenue
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
手回しオルガンがくるよ♪
てまわしオルガンのこと
まちの人と
谷目基さんの木製オルガンと函館
谷目基さん手廻しオルガン製作記
函館と北海道-旅人以上住人未満
横浜とみなとのまち
P.BOUWさん手廻しオルガン&長崎
ギリヤーク尼ヶ崎
ギリヤークさんの健康状態
コラボレーション×KINO
オルガンの町 Waldkirch
オルガネッタと
Pierre Charial
オルガンの作り手とその町
手回しオルガンのある場所
手廻しオルガンのある作品
手回しオルガンを弾くひと
オルガンロールを作ってみよう
オルガンブックを作ってみよう
オルガンのメンテナンスいろは
オルガン笛を作ってみよう
手回しオルガンの鳴る仕組
バレルオルガン治してみよう
コンサーティーナをなおそう
人形演劇について
ひとりごと
木のものと
くるくる回そう くるくる回想
北海道新幹線の始まりの日
北海道新幹線2 初めて走る日
北海道新幹線3 新幹線と会いたい冬
北海道新幹線4 ぴったり150日前ツアー
北海道新幹線5 新幹線と会いたい秋
北海道新幹線6 新幹線になりたい!?
北海道新幹線7 開業100日前
北陸新幹線一番列車で初往復
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

ひとことでいうのは難しい..
by a-avenue at 18:48
初めまして、楽しくプログ..
by 楽器好きです at 01:23
今日、NHKの「世界ふれ..
by テレビ好き at 22:28
サミット http:/..
by a-avenue at 20:20
jr北海道 記事 ht..
by a-avenue at 20:00
函館イベント情報局 10..
by a-avenue at 19:41
なるほどね。 自分の足..
by ひろむ at 12:53
(横浜西口から10分くら..
by a-avenue at 23:54
はこだて観光大師、紀あさ..
by 宮 at 10:23
こんばんは、さっそくコメ..
by a-avenue at 21:54

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

はやぶさとはやて
at 2017-08-04 13:04
ものをかくこと
at 2017-06-23 09:58
春の予定
at 2017-04-19 17:29
メリーゴーランドと手回しオルガン
at 2017-03-12 17:29
横浜で ピアノとサーカスと手..
at 2016-08-27 15:03

ファン

ブログジャンル