<   2015年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧




気仙沼 since 1972 / 2011

かきかけ
[PR]



by a-avenue | 2015-03-30 20:00 | ギリヤーク尼ヶ崎 | Trackback | Comments(0)

ギリヤークさんの本を作る 6 住所の登録

図書コード管理センターに登録した住所宛の荷物が受け取れるように
郵便局に住所の登録を提出しました。

ISBNコードはその住所宛で来るそうなので、
届くようにしておかないと
ISBNコードがゲットできないのー



[PR]



by a-avenue | 2015-03-28 11:40 | ギリヤーク尼ヶ崎 | Trackback | Comments(0)

横浜の喫茶店で

今日もギリヤークさんと。

朝ギリヤークさんから電話があり、話したいから横浜まで行くからというので、
横浜駅のギリヤークさんをよく知るマスターのいる喫茶店で昼から喫茶店が閉まるまで。

「僕ね、いつもと同じの」
は、ビーフカレー。

ギリヤークさんは、普段から近所の公園で練習したりするそうで
ずっとなのだけれど、この頃特に思うように動けなくなってきているという。

時に涙ぐみながらの話をききながら、何をどう受け取るのか。
押せば形になるだろうけれども、一対一では涙へのシャッターは向けない。
そしてそれは数十年後の自分でもありうるのだろうなと思うと、記者や他の写真家とは立ち位置が少し違う。

「ねぇもう僕…自殺した方がいいんじゃない?だってもう踊れないよ」から
「88歳まで、芸歴50年まで、踊り続けます…!」までを
一日にも、一時間にも何度も行き来する。

何枚か写真を探してもってきてくれて
ご本人の記事のコピーをまとめてみせてくれて
これまでの思い出の数々

見せてもらう新聞の切り抜きには、2005年の頃にすでに
「顔だけしか動かなくなっても踊る」とある。
閉じる幕の気配をもう10年も聞きながら踊っているのか…。今85歳。


それから、まだ作りたい次の踊りの話をする




[PR]



by a-avenue | 2015-03-25 21:00 | ギリヤーク尼ヶ崎 | Trackback | Comments(0)

ギリヤークさんの本を作る 5 ISBNコードの連絡

図書コード管理センターから電話あり。

登録内容の確認と、
およそ15日後にISBNコードが手元に届くとのこと




[PR]



by a-avenue | 2015-03-25 15:00 | ギリヤーク尼ヶ崎 | Trackback | Comments(0)

ギリヤークさんの本を作る 4 ISBNコードの取得

本におけるしゅっぱんしゃというのは、実は出版社ではなく、出版者なんだって。

だから個人でもよくて、郵便物さえ届けば、屋号の登録すらされていなくてもいいの。

鈴木清の教えを汲んで潔く、写真集をだすなら自分出版です!
とわかるように、出版者紀あさ、著者紀あさ!と思って提出したら、
図書コード管理センターから、「本当にそれでいいの?」って電話がきたので、

一晩考えて、祖父母のやっていた本屋の名前を引き継ぐことにしました。

出版者:日進堂 著者:紀あさ
ちょっといいかも‥‥

‪‎写真集ができるまで‬を書き留めてみているのですが
‪‎ほんとにできるのかな‬

一歩目は、10冊分(10タイトル)の書籍が出せるISBNコードを申請。
ちなみに出版者名は重複は許されておらず、誰かがすでに出している名称は不可。
日進堂って、本屋は何軒か知ってるのでダメかと思ったけど、調べたら出版者としては未登録で、びっくり。


ギリヤークさんが、かぁさーん!なら、こちらはばぁちゃーん!
になるのか、
あるいはじっちゃんの名にかけて!




[PR]



by a-avenue | 2015-03-21 01:00 | ギリヤーク尼ヶ崎 | Trackback | Comments(0)

いよいよ全貌公開 多摩センターで初のストリート・オルガン・フェスティバル

さて
以前に世界のストリート・オルガン・フェスティバルをご紹介しましたが

いよいよまもなく開催!!
3月22日(日)13時から

日本の・・・
多摩センターでの初のストリート・オルガン・フェスティバル

今回のストリート・オルガン・フェスティバル【オルガン&オルゴール・ストリート】はここがすごい!!

という点をご紹介していきましょう

●●●♪ここが凄い♪●●●その1
初開催!です。
企画一年目、どうなるか出演者の私もわくわく!!

です。
d0179447_22115172.jpg


●●●♪ここが凄い♪●●●その2
ストリート・オルガン・プレーヤー(演奏家)が集結!!
一般にストリート・オルガン・フェスティバルは
オルガン・ホルダー(所有者)が集まっています。

が、今回の多摩センターの駅からおりてパルテノン多摩までの道を飾るのは
現在日本の現役のストリート・オルガン・プレーヤーたち。

こんなに集まるのは、初めてです。
そして私てまわしオルガンKINOの他、ピエールJUN(萌木の村)、KojiKojiMoheji、浅草十一寸
と勢ぞろいです。

昼(13時)から夕方(16時)までたっぷりストリート・オルガン^-^

●●●♪ここが凄い♪●●●その3
タイムテーブルをじっくりと見てみると・・・
なんと明和電機の会長が自作機で参加!!!
d0179447_22115823.jpg

 電池で動く自作の自動演奏装置 他2台
 多摩区時代に作った小型モーター自動演奏装置と想い出
・・・とありますね

ほかにも
MBSI(国際オルゴール協会)日本支部からも
オルゴール・自動演奏楽器に詳しい方々か参加
中には、手回しオルガンを自作されたことのある方も♪

ほかにも今江科学さんなど参加者いろいろ

自動演奏楽器が気になる方には見逃せない一日にきっとなるはず♪です

ぜひいらしてくださいね^-^

てまわしオルガンはてまわしオルガンのある作品としてご紹介した
http://aavenue.exblog.jp/15236038/
ムーミン谷の冬」でも

 あくる朝は、家じゅうのものが、いちどに目をさましました。
 春がきて、ちょうど目をさますべきときに、
 あかるくにぎやかな手まわしオルガンの音がしてきて
 目がさめたのです。

と書かれるように
そんな風にして春を運んでくる楽器です

春の訪れの音に
多摩センターで耳をかたむけてみませんか?




[PR]



by a-avenue | 2015-03-18 10:20 | 手回しオルガンがくるよ♪ | Trackback | Comments(0)

ギリヤークさんの誕生日

ギリヤークさん、85才

88才まで踊ります、とよくいうが、
いったい88才になるのはいつなのだろう

六角橋から駅へと夜の道を一緒に歩きながら尋ねてみた

----ギリヤークさん、誕生日って何月何日なんですか?

「うーん
それがね、問題なんですよ

僕ね最初は昭和5年の8月18日だったんだけど

いつごろからかなぁ
昭和5年8月19日になっていたんですよ


それきいたらね
18日って書いてよこしてた人がね
やめちゃったからね

定年退職して

それでもう聞きようがないからね
どうしようもないって

それでいったんそういうふうにね
戸籍はなおしたものはね
簡単にかえられないんだって

だから今はね・・・昭和・・・1930年なんだよ
昭和5年8月19日になってるんだって

本当はね
18日なの
古い人はね18日でよこす人いるよ」





[PR]



by a-avenue | 2015-03-17 23:10 | ギリヤーク尼ヶ崎 | Trackback | Comments(0)

ギリヤークさんの本を作る 3 六角橋で

献上した写真の中で
ギリヤークさんが一番好きだといってくれたのは
横浜の六角橋の写真

「昭和のにおいがするんですよ。でもどうしてなの?」

そして今夜六角橋で逢おうとお電話でお誘いいただき、
何故か六角橋で会うことに・・・

待ち合わせは夜の7時
改札で会いましょうと電話でお伝えしたのだけれど
電話を持っていないギリヤークさんは私を探しに改札を出てしまったようで
私は改札で一時間も待っていて

途方に暮れたところでギリヤークさんを知る町の人から電話をもらう
「今ギリヤークさんとご一緒にいて」

毎年ここでは五月に闇市で踊っているから
町の人たちがギリヤークさんを知っている。

【闇市】と呼ばれる市が今も残るだけあって
町自体に昭和のにおいがする。

お話を色々していて、夜11時だからと時間で終わりを区切り
今別れたところで、

ホームで見送るギリヤークさんを乗せた東横線。
「これ気にいった。一番気に入った!僕のより気に入った」と
閉じる列車のドアの向こうでギリヤークさんは笑って消えました。

ほんとうににこにことしていて。

ギリヤークさんは、
ご自身の芸でもいい時はいつも、【今日が今までで一番】というので、そういう一番なのだけれど。


この本を世にだそうと思った。




[PR]



by a-avenue | 2015-03-17 23:00 | ギリヤーク尼ヶ崎 | Trackback | Comments(0)

ギリヤークさんの本を作る 2

SNSで
本を作るといってみる。


大西みつぐさんが声をかけてくれる

「鈴木清さんの授業で昔、ギリヤークさんを学校に来ていただき踊っていただいたことがあります。頑張っていらっしゃるのですね。これも縁でしょう!」
3月16日 21:02

私が、鈴木先生の写真をギリヤークさんの既刊【鬼の踊り】の中に発見したのは、数年前。
初心の頃からの縁を感じた瞬間でした。

「紀さんも路上で表現のお仕事をしてきたからこそ撮れるはずです。ぜひ!! 楽しみにしています。」
3月16日 21:10





[PR]



by a-avenue | 2015-03-16 21:00 | ギリヤーク尼ヶ崎 | Trackback | Comments(0)

ギリヤークさんの本を作る 1 値段をつけて

この間ギリヤークさんにお会いした時に
私家製の写真集を謹呈したのですが

今日なんとギリヤークさんから直接お電話がかかってきて

次回のギリヤークさんの栃木公演に一緒に行きませんかとのお誘いと、

「この間の写真集すごくよかったです。
値段が書いてないんだけど(当たり前です・・・)、値段決めて売ったらいいと思います。」
・・・と。

(なんと・・・。)

「気に入らない写真の人には駄目だって言うんだけど
とくに六角橋の写真が昭和の香りがしてすごくいいから
もしできたらもっと大きなサイズにして2000円でも値段つけて(具体的だ・・・)
そしたら僕も宣伝します。」

(なんと・・・。)

()内私の心の声


ご本人にあげるだけのつもりだったけれど、
そういうのも、いいのかも、しれない・・・

まずは栃木に、いっしょにいく?





[PR]



by a-avenue | 2015-03-16 14:00 | ギリヤーク尼ヶ崎 | Trackback | Comments(0)

手回しオルガンの木の音色 まちからここから www.temawashi.org
by a-avenue
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
手回しオルガンがくるよ♪
てまわしオルガンのこと
まちの人と
谷目基さんの木製オルガンと函館
谷目基さん手廻しオルガン製作記
函館と北海道-旅人以上住人未満
横浜とみなとのまち
P.BOUWさん手廻しオルガン&長崎
ギリヤーク尼ヶ崎
ギリヤークさんの健康状態
コラボレーション×KINO
オルガンの町 Waldkirch
オルガネッタと
Pierre Charial
オルガンの作り手とその町
手回しオルガンのある場所
手廻しオルガンのある作品
手回しオルガンを弾くひと
オルガンロールを作ってみよう
オルガンブックを作ってみよう
オルガンのメンテナンスいろは
オルガン笛を作ってみよう
手回しオルガンの鳴る仕組
バレルオルガン治してみよう
コンサーティーナをなおそう
人形演劇について
ひとりごと
木のものと
くるくる回そう くるくる回想
北海道新幹線の始まりの日
北海道新幹線2 初めて走る日
北海道新幹線3 新幹線と会いたい冬
北海道新幹線4 ぴったり150日前ツアー
北海道新幹線5 新幹線と会いたい秋
北海道新幹線6 新幹線になりたい!?
北海道新幹線7 開業100日前
北陸新幹線一番列車で初往復
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

ひとことでいうのは難しい..
by a-avenue at 18:48
初めまして、楽しくプログ..
by 楽器好きです at 01:23
今日、NHKの「世界ふれ..
by テレビ好き at 22:28
サミット http:/..
by a-avenue at 20:20
jr北海道 記事 ht..
by a-avenue at 20:00
函館イベント情報局 10..
by a-avenue at 19:41
なるほどね。 自分の足..
by ひろむ at 12:53
(横浜西口から10分くら..
by a-avenue at 23:54
はこだて観光大師、紀あさ..
by 宮 at 10:23
こんばんは、さっそくコメ..
by a-avenue at 21:54

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

はやぶさとはやて
at 2017-08-04 13:04
ものをかくこと
at 2017-06-23 09:58
春の予定
at 2017-04-19 17:29
メリーゴーランドと手回しオルガン
at 2017-03-12 17:29
横浜で ピアノとサーカスと手..
at 2016-08-27 15:03

ファン

ブログジャンル