お祭りのフィナーレ

最後のお楽しみは
手回しオルガンが当たっちゃうくじなのだ
一枚2.5ユーロで何口でも応募できる。
一口だけ応募していたので抽選会がみにいきたい!

抽選は15:30からマーケットプレイスに行けといわれていたが
広場でChiliたちが休んでいたので
ついいっしょに休む

Chili父からポテトとコーラを分けてもらった^-^

ま、いいか、ここにいようか
どうせそんなに当たらないし。

そしたらマーケットプレイスではなくて
その場で抽選が始まる。
外国のことはわからない・・・。

協賛企業???
個人ではなくその町由来と思われるオルガンが6台ほど順に演奏
あとchiliも演奏とダンス

きぐるみと道化がくじをまわす。
どきどき

当たりたい!!ような余所者ですから当たらない方がいいような
当たっちゃったらドイツ語でなんていう
とか
いろいろ心配するが特に当たることもなく
町の女性らしき人に当たり

さて終了
まだ夜の教会の演奏がありそうだが
そこまでいたら日本に帰れない

アルトゥロに一旦別れを告げたが
その場ですぐさま再びはじまったChiliの演奏に足をとめる
ああ三日間で何度見ただろう
これで本当に最後だ・・・
すこし泣きそう。

Chiliのひとりひとりに最後の別れをスペイン語で
 またね あいしてる!

主催側の有力者で一件目の工房のオーナーでもあり
日本の知人から紹介してもらってもいた恩人ブロンマーさんを探してお礼を述べる。
「日本からきてるんだよ
本当にinternational festivalでしょ」
と最後にもご機嫌にまわりの人たちに紹介してくれた。
ありがとうございます。

あと二時間

この町の最後はもう一度
Achimの工房に行きたいときめていた。
[PR]



by a-avenue | 2011-06-01 02:46 | オルガンの町 Waldkirch

手回しオルガンの木の音色 まちからここから www.temawashi.org
by a-avenue
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧