人気ブログランキング | 話題のタグを見る

アンリ・サラ  Le Clash

大阪国立国際美術館で、
アンリ・サラの手回しオルガンと手回しオルゴールを使った映像作品を鑑賞。

アンリ・サラはアルバニアのティラナ生まれのアーティスト。

実は大阪展より先行して
東京カイカイキキギャラリーで展示がされていたのだが
その際には見逃してしまったので大阪まで足を運んだ。

展示は
広めの部屋に2本の映像が
前方と後方で交互に流れる

一方の映像は Le Clash (2010)
 フランスボルドーのさびれたコンサートホール前で、
 イギリス出身のパンクロックバンド「ザ クラッシュ」の代表曲のひとつ
 should i stay or should i go が演奏される。
 男性2人がそれぞれ
 バレルオルガンとミュージックボックスの二つの曲を奏で、
 その音と女性のうたごえが街並みにこだまする。

対辺の映像は、「アンサー・ミー」(2008),
 冷戦時代に通信傍受基地としての機能を果たしていたベルリン郊外の
 「トイフェルスベルグ(魔の山)」と呼ばれる廃墟を舞台に
 男女の別れるシーンが描かれる。返事をしてと問いかける女性。
 問いを遮るように叩き続けるドラム。


世界と世界の間の意味、存在と世界と存在と、というあたりをさぐる感じを受ける。
意味を問う部分もあるのでやや左脳も使うのだが
言語的なものとしての意味ではない部分の意味へのアプローチをする彼が
音楽であるが回転というだけの身体動作であるこれらの楽器をとりあげたことが抱える必然は
以下のインタビューに垣間見られる。

アンリサラ インタビュー1
http://www.art-it.asia/u/admin_ed_feature/H7Ali0Vyg5TLRvMdGUKY/?lang=ja
アンリサラ インタビュー2
http://www.art-it.asia/u/admin_ed_feature/cujyT1xQoDqMO5rA2swE/?lang=ja

少々の引用をすると

・継続と断裂
・統語論
・高周波はどちらかと言えば記憶と関係していて、低周波が持つ雰囲気は体験に関係しています。例えば、メロディは大抵中くらいから高周波にありますが、コンサートに行って翌日、友達と話しているときに言葉で伝えられないのは低周波、つまり身体で感じたことです。
言語は必然的に高周波に基づいているのではないかと思うのです——何度も繰り返して言うことができますし、そもそも言語とは体験そのものではなく、既になんらかの体験の訳でしかありません。音楽はどちらの側面も同時に持っています。
・言い換えると、人の感情が、言語化不能な、次の日には要約を話すことはできない、一対一でしか体験できないようなことを経験するような状況を作り、それを録音し、監督することに関心を持っています。私の映像作品には、その全てを内包するイコンと呼べるイメージは滅多にありません。全体として体験しなければならないような作品を作りたいと思っています。私にとっては、その効率の悪さこそが私の表現をより明確にするのです。

このあたりか。

映像以外の展示物としては
映像会場の外に
振動により無人で自動的にドラムをバチがたたくかのように見えるドラムセットが
ずらりと数セット
それぞれべつべつのリズムを刻む

あとは平面作品


カイカイキキの様子
http://www.art-it.asia/u/admin_expht/Q9SPd0Bm1fvNWuFyXcLD/?lang=ja
http://gallery-kaikaikiki.com/2011/09/anri-sala/

東京の内容は
新作を含む「Le Clash」「Tlatelolco Clash」「Long Sorrow」の
3本の作品の上映、
ギャラリーの窓と外部の建築の窓に設置されたオルゴールが
空間を超えて共鳴する「No Window,No Cry」、
レセプションでの手回しオルガンによるパフォーマンス

大阪にはきていないもうひとつのオルガン使っている作品
Tlatelolco Clash (2011)が見たかった。

2011年の最新作にもオルガンを残したなかで
2010年の作品とどうかわったかが気になる。

Le Clash (2010)での個人的に強くのこった印象は
ミュージックボックス(手回しオルゴールか)をまわす右手に対し
完全に意味をころした左手の意味の強さ。
ぴくりとも動かさず、力もいれずオルゴールの横にありつづける
死に近い怖さを孕んだ確実な生の静物


ウォーカープラスでの他の人の大阪レビュー
http://news.walkerplus.com/2011/1003/33/



by a-avenue | 2011-12-11 18:48 | 手廻しオルガンのある作品

手回しオルガンの木の音色 まちからここから www.temawashi.org
by a-avenue
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧