パルテノン多摩 マジック・サウンド・ルーム with KINO

これはオルガンのコラボレーションというよりは
写真での協力だったのですが
こういうのもコラボレーションのいっしゅかなぁ

実は今年、ドイツと国交150周年なんですね
しってました!?

パルテノン多摩マジックサウンドルームでは
その記念企画として
2011年9月から11月まで毎週金曜日の14時から20分間
特別プログラムが開催されました。

ある日マジックサウンドルームご担当の武藤さんから
ご連絡をいただいて
今度ドイツプログラムをするのでドイツwaldkirchの
ストリートオルガンフェスティバルの写真を展示したいと

出会いはいつも突然です。

そうして
パルテノン多摩マジックサウンドルーム
日独交流150周年記念事業季節プログラム・秋
「ドイツ皇帝が愛した自動演奏楽器」

写真が大きなパネルで紹介されることになりました。

そのドイツプログラムの様子をご紹介します。
始まりは ビスマルク一世の愛した小型自動パイプオルガン

日本とドイツの交流が始まったのは1861年。
この楽器はその翌年に作られ、
ドイツのビスマルク皇帝の寝室に実際に置かれていたと伝えられている
大変貴重な自動演奏楽器
・・・
すごすぎて聞き逃しそうになりましたが
実話だそうです。

本当にヴィルヘルム一世二世の寝室にあったものが
ここにあると・・・

それが
どういう経緯でマジックサウンドルームにくることになったのかは
武藤さんもまだ調べているところだそうです。

歴史って不思議ですね。

ヴィルヘルム一世は1871年のドイツ帝国成立時の初代皇帝。
はじまりの人と、はじまりのとき。

このチェンバーオルガンは
背面にあるオモリを
はじめに引き上げて演奏を開始、
ゆっくりとオモリの落ちる力で鳴ります。

それからドイツの商船が沖縄宮古島で座礁した話
乗組員が島民のおかげで助かってヴィルヘルムから宮古島に記念碑がおくられた話

時はすすんで現在のその大きな記念碑
戦争時、銃弾で穴があいてしまったそれを
ひぃおじぃちゃんの世代は幼少の頃
その穴に足をかけて上まで登れるかと遊んででいたのだそうです。

偶然武藤さんのご先祖さまが宮古島の出身だったということから
つながったドイツとのはじまりの今昔。

続いて自動ヴァイオリン演奏楽器
ハップフェルト・フォノリスツ・レジーナ

上部の3つのヴァイオリンが
G線以外の3本の弦のうちのそれぞれ一本だけを担当して
それから下部のピアノ鍵盤が幅広のロールで制御されて鳴る

ここにはアメリカ製の自動演奏ピアノ
クナーベ・アンピコもあるのですが
それがまるで透明人間がひいているかのように
鍵盤が沈みながら音をだすのに対し、
ハップフェルト・フォノリスツ・レジーナのピアノは
鳴るだけで視覚的には動かない

見た目のパフォーマンスより
音を出す実用性をとった国民性なのでしょうかと
コメントされていました。

ラストはたのしくドイツの手回しオルガン!
ここで私のWaldkirchのストリートオルガンフェスィバルの写真が
 いま゛も愛されている自動演奏楽器 として紹介される
時をこえた物語・・・


パルテノン多摩のマジック・サウンド・ルームは
いつも定時に演奏会がありますが
週に一度季節プログラムとしてこんなふうに物語やテーマを伴った演奏会を
スペシャル開催しているので
ぜひ訪れてみてください

マジック・サウンド・ルーム
http://www.parthenon.or.jp/magic/
[PR]



by a-avenue | 2011-11-15 03:11 | コラボレーション×KINO

手回しオルガンの木の音色 まちからここから www.temawashi.org
by a-avenue
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧