人気ブログランキング | 話題のタグを見る

私的れくいえむ

訃報をきいたのが前の夜で
明け方5時ごろに寝付いた

8時には目覚ましをかけていたが
おきれるはずもなく
朝やるつもりだった前日撮影のデータチェックを京浜東北線で揺られながら

昼舞台ゲネ撮影
初日が見たかったが新宿に飛び
コインロッカーに重い機材を格納。

ワンセットだけカメラ持って
20分後の長野行きのバスの空席をたずねて乗る。

サービスエリアで長野のタクシー会社に電話
バス停まで迎車を頼む
8時50分着予定、9時までの通夜にはまにあわなそう
アトリエの住所を伝えると行き方しらべておいてくれるとのこと
「きっとはやくつきますよ」

ひとつ手前のバス駅で15分ほど早い
もう一度電話しタクシーに早くきてもらい、葬儀場に向かう

遺影というものの力に
やられそうになる

こみあげるものがあるも、
遺体をみて唖然とする

これ、ほんとにご遺体か・・・?

遺体風に誰かが
合成樹脂で作ったんじゃないかと
そんな気がするほどに
からっぽ

ふしぎな遺体だった

かなしみとか
どっかにいっちゃうほどの

「岡本さんもうあそこにいないよね」
とまめたろーさんがいう
うん、いない。。。

「きっとすべてを人形にこめちゃったんだ」
それはそれでどうかわからないけど

器を作っていたのなら
どこかの器にいるのだろうか・・・

一度対面したあと戻り
ご遺族の方に断りをいれ写真に撮る



のべ20人くらいの
集ったひとたちとすこし話して
それから人形部屋に篭って
それぞれの人形と話そうかと思って

しばらくして入ってきたまめたろうさんと
ひとりではさわれなかった布の仮面を掘り起こすと
どんどん布に別の顔がついてるんだけど
おくまで行くと岡本さんのライフマスクがでてきて
かなわないなと

そこまでいくと出会えるように
もとにもどした

ライフマスクをみながら
これだよな あんなんじゃなくてこれが岡本さんの顔だよな
とまめたろうさんがいう

三時半にいったん寝た
朝まで起きてるくらいはできそうだったけど
それやったらぜったい読経で落ちる

みんなは朝までかと思ったら四時半くらいにねたみたいだ
明け方を歩くために六時と六時半に目覚ましをかけ
六時半前におきる

上へ行こうか下へ行こうか

川の印象と田の印象があった

ある川が下に見えたのでそれを目指す
細い道はどれも行き止まりになってしまう

なんどかゆきつもどりつ
最後は車道にそって川へ

なんともいえないのだけど
さがす

明日まではなんならいようと思っていた。
でも明日までここにいたくならないように
ぜんぶ今日おさめるんだと

わかれとはそんなものなのですか



by a-avenue | 2010-07-12 00:08 | 人形演劇について

手回しオルガンの木の音色 まちからここから www.temawashi.org
by a-avenue
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧