人気ブログランキング | 話題のタグを見る

銀チューブ 鉛チューブ

「あなたが落としたのは 金のチューブですか 
銀のチューブですか それとも鉛のチューブですか」

「すみません・・・ビニールのチューブです」


オルガンの笛と風箱とをつないでいるチューブは
デライカのものだと塩ビか何かの合成樹脂系のチューブだが
すべてがこのチューブで作られるわけではなくて

じゃじゃん
これは、プロアさん(オランダ職人さん)の銀チューブ
銀チューブ 鉛チューブ_d0179447_19342424.jpg


もちろん特注でベルギーのメーカー製だそう

銀は温度の影響をうけないので
冬でもOK

逆にビニールやシリコンだと温度で伸びたり縮んだりして
チューブと管の間がスポンスポンになっちゃったりすることもあるそうで


さらに続けて
「オルガンチューブは本当は鉛がいいんです」

空気圧に負けないからと。

でも重量が重くなるし配管も大変になるとのこと。


材料は何をどう選択していくかの
積み重ねですね。


金属の管って
ぜんぜん曲がらなくってすごく大変なんじゃないのかな
と試しに曲げさせてもらったら

想像してるよりはるかに曲がります。

力としては、、、鉛筆を折る力よりはるかに入れてない、、、
なにくらいな、、、つまようじを折るよりもたぶん力いれないくらい

ふにゃっ ではないけど
「まがれ」 って言ったら 「はいっ」って言われたような気分でした。



by a-avenue | 2012-03-31 19:56 | P.BOUWさん手廻しオルガン&長崎

手回しオルガンの木の音色 まちからここから www.temawashi.org
by a-avenue
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧