人気ブログランキング | 話題のタグを見る

明度と彩度

笛をみながら
「(笛の)明度と彩度っていうのはどこできまるんですか」
と小笠原さんがきいた

はじめてきく質問だ・・・

音に対して明度と彩度って使うんだ。


「明度は断面積です 
太いほどやわらかい音が
細いほどきつい音が出ます」

それはなんとなくわかる気がします。



「彩度は開管(かいかん)と閉管(へいかん)
トランペットなんかはだんだん広くなっていくけど

笛を閉じると倍音が奇数
笛を開けると倍音が偶数です」

・・・これは、なんとなくもわからない気がします・・・。

ちっちゃめの手廻しオルガンついては
上の方閉じているから、
閉管で倍音が奇数の理解でいいんでしょうか・・・?


、、、そうだとすると、どんな音なんでしょうか・・・?
それは彩度が高いというのでしょうか低いというのでしょうか

ちょっと今わからないのでこのまま書いておきますが
またどこかで理解できたら補足します

どなたかわかる方いたら教えてくれたらうれしいです
よろしくおねがいいたします・・・



by a-avenue | 2012-03-02 11:10 | 谷目基さんの木製オルガンと函館

手回しオルガンの木の音色 まちからここから www.temawashi.org
by a-avenue
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧