ハコダテトリエンナーレ終えて

ハコダテトリエンナーレ終わって
代表の大下さんにメールしてたら
「今ちょうどハコトリ実行委員の会議が終わったところでした」

幕が閉じていきます


今日はトリエンナーレの思い出を。

さいしょはこんな感じだったオルガンと展示
d0179447_074978.jpg
(9月9日 青山さん撮影 ありがとうございます)

9月7日から30日までのトリエンナーレの間に

扉がついて
人形がついて
かわいいシンボルマークもついて
d0179447_05933.jpg
(9月30日 青山さん撮影)

手廻しオルガンの演奏会は
毎回定員はたった15名だけど
一日二回全部で5日間という全部で150人もきてくれるのかなぁ・・・って
正直不安もけっこうあった
毎回満席、最終回はなんと最大50人もいていただいたそう!!

さいしょに予約してくれたひとりめのひと、
はじめてお会いした人、
忙しい中きてくれたひと、
二回もきてくれたひと、
このまちで出会ったひとたち

やさしく見守られてここで時を過ごすことができました。

その後オルガンはもうちょっと進化して
台車がパワーアップしたりいろいろしてます。

そして、次回、函館、また帰ってきます。

11月1日 香雪園momi-Gフェスタ
17:00から17:30のミニライブ
夜の紅葉、きれいです

詳細はこちらです
http://www.hakobura.jp/news/2012/10/10201111momi-g.html
http://www.hakodate-jts-kosya.jp/news/pdf/20120817_momijifes.pdf

それから、11月3日、第8回地球まつり
函館市青年センター
13:15から13:45のステージ・イベントに登場です
http://www.hif.or.jp/2012/10/8-1.html

冬の前の季節に
どうぞぜひ函館お越しください。


そして東京では来年2月
仙川人形演劇祭のストリートでお目見え予定。

またお知らせいたします。

どうぞ東京にもおいでください。


最終日最終回を終えて
d0179447_033262.jpg

左から
三日月工房 池井きよみさん、
手廻しオルガンの回し者 紀あさ、
長崎からお越しの谷目さんの師匠 松本尚登さん
手廻しオルガン製作 谷目基さん
画家で演奏会の特別出演もつとめてくれた加藤晶子さん

 
またどこかで



by a-avenue | 2012-10-11 00:01 | 谷目基さんの木製オルガンと函館

手回しオルガンの木の音色 まちからここから www.temawashi.org
by a-avenue
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧