人気ブログランキング | 話題のタグを見る

横浜の喫茶店で

今日もギリヤークさんと。

朝ギリヤークさんから電話があり、話したいから横浜まで行くからというので、
横浜駅のギリヤークさんをよく知るマスターのいる喫茶店で昼から喫茶店が閉まるまで。

「僕ね、いつもと同じの」
は、ビーフカレー。

ギリヤークさんは、普段から近所の公園で練習したりするそうで
ずっとなのだけれど、この頃特に思うように動けなくなってきているという。

時に涙ぐみながらの話をききながら、何をどう受け取るのか。
押せば形になるだろうけれども、一対一では涙へのシャッターは向けない。
そしてそれは数十年後の自分でもありうるのだろうなと思うと、記者や他の写真家とは立ち位置が少し違う。

「ねぇもう僕…自殺した方がいいんじゃない?だってもう踊れないよ」から
「88歳まで、芸歴50年まで、踊り続けます…!」までを
一日にも、一時間にも何度も行き来する。

何枚か写真を探してもってきてくれて
ご本人の記事のコピーをまとめてみせてくれて
これまでの思い出の数々

見せてもらう新聞の切り抜きには、2005年の頃にすでに
「顔だけしか動かなくなっても踊る」とある。
閉じる幕の気配をもう10年も聞きながら踊っているのか…。今85歳。


それから、まだ作りたい次の踊りの話をする







by a-avenue | 2015-03-25 21:00 | ギリヤーク尼ヶ崎

手回しオルガンの木の音色 まちからここから www.temawashi.org
by a-avenue
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧