人気ブログランキング | 話題のタグを見る

寝台特急カシオペア カシオペアという町の物語

そんなこんなでとっても快適な客室なのだけれど
同行者氏は、ほぼずっと展望ラウンジカーにいました。

ラウンジでも客室でも見える景色はあんまりかわらないと思うんだけどなぁときくと
「いろんな人と話ができるよ」

ああ・・・なるほど。

車窓に映りながらラウンジへ行ってみました。
ちいさな休憩スポットもあったり
寝台特急カシオペア カシオペアという町の物語_d0179447_22175851.jpg

車内販売のものを買うことのできる売店があったり
寝台特急カシオペア カシオペアという町の物語_d0179447_2218541.jpg

ラウンジでは思い思いに過ごす人たち
寝台特急カシオペア カシオペアという町の物語_d0179447_22192255.jpg

話かけるのもかけないのもどちらも自然にゆるされそうな時間がながれていました。

それから夜ご飯。
カシオペアのダイニングカーは食事の時間が決まっていて21時半までは予約制。
https://www.jreast.co.jp/cassiopeia/dining/
それ以降は先着順で入ることができるラウンジだけれど、そう多くの席はないので、
仙台過ぎる前あたり(20時半前ころ)から、はやい人だと並んでいるみたい。

でもこの日の列の様子としては、21時前くらいにならんでも間に合う感じにみえました。
前後で並んでいる人と並びながら会話して、話がはずんで同じテーブルに。
「これがあるからカシオペアなんだよね」

メニューです。
寝台特急カシオペア カシオペアという町の物語_d0179447_22235991.jpg

チョイスはハンバーグっ
寝台特急カシオペア カシオペアという町の物語_d0179447_22241733.jpg

おもったより、ジューシィでおいしかったです。
寝台特急カシオペア カシオペアという町の物語_d0179447_22241388.jpg


食堂車は23時にはクローズ。
寝台特急カシオペア カシオペアという町の物語_d0179447_23112524.jpg


ここで相席した方は、カシオペアスィートに泊まっているとのことで、お食事後に
「お部屋をみせていただけませんか?」とおねがいしたら快諾をいただき・・・

どきどきのカシオペアスィートへ♪

スィートは1階と2階と両方をひとりじめ
まず1階から、こちらはソファ。
寝台特急カシオペア カシオペアという町の物語_d0179447_22275241.jpg


ウェルカムドリンクセット、モーニングコーヒー、朝刊がお部屋に届けられます、とのことで
これがそのウェルカムセット、小樽ワインいいなぁ
寝台特急カシオペア カシオペアという町の物語_d0179447_22293083.jpg


シャワーもプライベートで、室内にあり、お湯は18分も使えるようです。(3人分相当)
寝台特急カシオペア カシオペアという町の物語_d0179447_22281713.jpg


シャワーセットも購入しなくても備え付け。中身も豪華だぁ
寝台特急カシオペア カシオペアという町の物語_d0179447_22285097.jpg


そして室内の階段をあがって、2階のベッドルーム!
わぁい。

これがカシオペアスィートだよーーー
寝台特急カシオペア カシオペアという町の物語_d0179447_2227319.jpg



ああ、たのしいな。

流れていく車窓の風景とともに流れていく時間と出会う人たち。
声を交わすひと。袖触れ合い、過ぎる人。
寝台特急カシオペア カシオペアという町の物語_d0179447_2233999.jpg
寝台特急カシオペア カシオペアという町の物語_d0179447_22331568.jpg

寝台特急カシオペア カシオペアという町の物語_d0179447_22383084.jpg

寝台特急カシオペア カシオペアという町の物語_d0179447_22385270.jpg


盛岡で降りると話すと、
「もったいない。朝起きて白銀なのがいいのに。
雪煙をたてて走るのもいいよ」

いつか、があるかわからないけど、いつかこの夜の先の朝を、ここで迎えてみたいな
寝台特急カシオペア カシオペアという町の物語_d0179447_22404926.jpg

寝台特急カシオペア カシオペアという町の物語_d0179447_22405637.jpg


カシオペアは、物語だ・・・
出逢いがあり、風景があり、時間がある、おいしいご飯も、そして思い出。
ここはカシオペアという町なんだな

そう思った。

上野から札幌まで、17時間だけの夢の町。

朝になれば消える町は日ごと繰り返しまた生まれていたのだけれど
3月になって新幹線が走るとき、本当に思い出の町に変わってしまう。
それはすこしではなく、さみしかった。


北海道新幹線のスペシャルサイトをみる。
「物語がはじまる、北海道新幹線」
http://hokkaido-shinkansen.com/

そう・・・新幹線はきっと、【物語】ではなくて、【物語のはじまり】。

今回のは同行者も夕食をともにした人も、どちらもカシオペアが大好きで、札幌には一泊もせずカシオペアで帰ってくるのだといった。それはカシオペア自体が物語だから、それでも楽しい。それが楽しい。

4月になって北海道新幹線にのって東京を出て函館に向かって
今より速く、寝台よりずっと速く着いたその先で、その土地にもし降り立ったとき、
あれ、ここは・・・カシオペアと同じくらいすてきな町じゃないか・・・って思ってもらえるような時間が
このまちのどこかにあると私は思っているけど

これからもそうありますように
多くの人とこの町がであえますように

盛岡で下車してカシオペアの背中を見送る
寝台特急カシオペア カシオペアという町の物語_d0179447_22524995.jpg


カシオペアの魔法をすこしわけてもらえたらいいな
寝台特急カシオペア カシオペアという町の物語_d0179447_2253243.jpg

寝台特急カシオペア カシオペアという町の物語_d0179447_22534498.jpg

寝台特急カシオペア カシオペアという町の物語_d0179447_22535584.jpg


さて、盛岡駅。
寝台特急カシオペア カシオペアという町の物語_d0179447_22554226.jpg

この駅にもカウントダウンボートありました、97日前、23時
寝台特急カシオペア カシオペアという町の物語_d0179447_22555736.jpg

寝台特急カシオペア カシオペアという町の物語_d0179447_22564387.jpg



盛岡からは深夜バスにて東京に引き返し戻ってきました。
寝台特急カシオペア カシオペアという町の物語_d0179447_23191473.jpg

おはようございます。東京駅は96日前、午前8時です。
寝台特急カシオペア カシオペアという町の物語_d0179447_22545886.jpg




旅をしていて、ゆくさきで「この町がすき」という人に会うとうれしくなります。
函館も横浜もそんな人たちに出会ってきたから、この町の時間の中にいたいな、と思ったのです。

この初めてのカシオペアの旅を、カシオペアが大好きな人たちと過ごすことができてよかった。
とてもしあわせな旅の時間でした。







by a-avenue | 2015-12-20 23:25 | 北海道新幹線7 開業100日前

手回しオルガンの木の音色 まちからここから www.temawashi.org
by a-avenue
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧