人気ブログランキング | 話題のタグを見る

北斗の星に願いを

函館のお隣の北斗市・・・道外ではおそらくあまり認識しない市だけれど
北海道新幹線の「新函館北斗駅」は、実はこの「北斗市」に立地する。

その北斗市と同じ「北斗」の名を持つ「北斗星」は
札幌と上野を約16時間で結ぶ夜行列車。2015年に惜しまれて引退した。

役目を終えた「北斗星」が解体される、その前に保存したい。
北斗市の住人たちからそんな声があがったのは今年の3月。

約一か月で目標額に届かなければ解体される・・・という中で
目標金額 10,000,000円に対し、支援総額 15,885,000円が支援者数 837人から集まり、車両は一両だけでなく二両の保存が可能になった。

ここまでの経緯は、北斗の星に願いを推進委員会のホームページに詳しい。

本来車両というのは役目をおえるといちはやく解体されるべきもので
そうでないと移動すら、かなわなくなるのだそうだ。
この北斗星もJR苗穂工場から北斗市に向かってくる際
線路はまだ現役だが、すでに線路での輸送はかなわず
トレーラーにより陸路で運ばれてきている。

そして7月に無事、北斗市に新居を構えた北斗星号、
ついに来週8月7日よりお披露目がはじまり、毎週日曜日には内部公開もされる。

場所は道南いさりび鉄道・茂辺地(もへじ)駅より徒歩5分、まっすぐ行って左に曲がるとすぐ右手に見えてくる。

旧・茂辺地中学校のグラウンド
北斗の星に願いを_d0179447_1523378.jpg


公開日以外は中に入ることはできないが、外からならゆっくりと眺められる。
(手前には車は入らないようにロープが張られているが徒歩で奥に行くと小さな入口があった)

横から
北斗の星に願いを_d0179447_15254552.jpg

前から 線路まであるのがいい
北斗の星に願いを_d0179447_15255123.jpg

後ろから
北斗の星に願いを_d0179447_1526073.jpg


車窓からきっと見えるのは、すぐ横を流れる茂辺地川
透明で底まで見えるきれいな川

川からみるとまるで走っているみたいな、青い車体
北斗の星に願いを_d0179447_15295496.jpg


川沿いにさけ公園というのがあって、なんだろうと
近所の人に尋ねたら、秋には鮭がいっぱいのぼってきて
毎年11月3日には、鮭のおまつりが盛大にあるのだって。
北斗の星に願いを_d0179447_15355549.jpg


その頃にくるのもよさそう。

運行中は実際に函館市北斗市を駆け抜けていた北斗星号。
けして鉄道好きというわけでもない町の人たちが
「夢をかなえたい時にひとがくるような場所になったら」との願いを込めての
この町への設置。

まずひとつ叶った837人の夢。
これからどんな場所になっていくのか、まだまだ夢をのせていく。

北斗の星に願いを_d0179447_15362164.jpg





ちなみに内部公開日以外に行くと
とっても空いているので
たっぷり北斗星外観が堪能できて楽しいです。

惹かれてきた北斗星に、ひかれてみたり・・・^^
北斗の星に願いを_d0179447_15454225.jpg









by a-avenue | 2016-08-02 15:24 | 函館と北海道-旅人以上住人未満

手回しオルガンの木の音色 まちからここから www.temawashi.org
by a-avenue
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧