人気ブログランキング |

カテゴリ:てまわしオルガンのこと( 7 )




世界のストリートオルガン・フェスティバル

さて、ヨーロッパには色々なストリート・オルガンのフェスティパルがあります。
3月22日にパルテノン多摩で開催されるオルガン&オルゴール・ストリートに先だって
世界のオルガンフェスティバルの模様を幾つかご紹介いたしましょう。

●ドイツ
ヴァルトキルヒ
3年に一度開催されるストリートオルガンフェスティバルで
町いっぱいにどの角を曲がってもオルガンと出逢えるような3日間。
私も2011年に訪れています。とってもたのしい!
その模様のレポートも、パルテノン多摩のマジック・サウンド・ルームにも展示して頂いております。
大きなパネルなので、マジック・サウンド・ルームに行ったらみてみてくださいね^-^

WEBでは大人の科学のサイトのまとめがわかりやすいです。
http://www.otonanokagaku.net/feature/vol19/index.html

ゆっくり時間のある方はたっぷりブログもどうぞ♪
http://aavenue.exblog.jp/i10/

●スイス
ベルン州ブルクドルフ
7月初旬の土曜日
旧市街の活性化を目的に1990年頃に始まり、以来2年に1度開催とされ
下記にまとまった動画を見ることができます。

https://www.youtube.com/watch?v=vv4724g_Hdc

ドイツのヴァルトキルヒで出会った方々にも
今度はここに行くといいよと勧められたおまつりです。

この動画の最後には3台のオルガンの共演がありますが、
ところで今回の多摩のフェスティバルでは私もこれに初挑戦!!
パルテノン多摩の学芸員さんとともに2台のオルガンの共演を試みようかと相談中です♪


●イタリア
イタリア共和国ロンバルディア
今回インターネットで検索をしていて偶然知りました。
イタリアにもフェスティバルがあったの?今もあるの?
気になるところですがまずはリンク先だけご紹介しておきます。
http://www.museo500.com/ita/festival.htm


ところで
手回しオルガンの大道芸のはじまりってどこからなんだろうという疑問には
今のところ明確に回答をしている資料に出会ったことはありません。

日本で手に入る文献の中では、
オランダのユトレヒトの国立自動楽器博物館編の書籍の中に
1720年頃のイタリア製とされるオルガン弾きを描いた銅版画の資料が見られ
私が知る限りではこれが一番古い年代のものです。

そのイタリアに、もしフェスティバルが今もあるのなら
これはぜひいつか訪れてみたい!

という感じです。

さて、そしてついに開催の3月22日
パルテノン多摩でのストリート・オルガン・フェスティバルは
ここがすごい!を次号でお届けいたします。








by a-avenue | 2015-03-08 14:12 | てまわしオルガンのこと

風と音 時と此処

風という言葉がなかったら
風のことを人は何だと思うだろう

音という言葉がなかったら
音のことを人は何だと思うだろう




もしも
『風』のことばをしらずに初めて春の風に吹かれたら
『音』のことばをしらずに初めて鳥の声を、木の葉の音を聞いたなら
きっと
なぜか泣いてしまいそうになる
かなぁ




ことばよりずっと手前

神々の時代の
言語以前に伝わるものを

言葉はきっと出来た最初の時には
それをすべて含んでいたけれど

時に具体化・言語化していく中で
手放してきたものなのかもしれない。

けれど世界から消えたわけではないその内在は
まだずっと抱えられていて

そんなものだとして



手回しオルガンを町で廻す音は
そんな頃と今の此処とを

続いたひとつの場所にする



by a-avenue | 2014-04-26 01:11 | てまわしオルガンのこと

KINOのなまえ

KINOは、てまわしオルガンの名前です。

木のオルガンだからキノ
そしてKINOはドイツ語でシネマ

ひととき町を映画のように
木の音でつつんでいくように


そんなおもいをこめてキノとよんでいます。


それからきっと
き の 音は始まりの音

『き』のオルガン

基点の基は場所の始まり
起源の起は事のはじまり
紀元の紀は時のはじまり


生まれること
記すこと


そんななにかでいられるように


そして器で楽器の器



by a-avenue | 2013-01-27 02:09 | てまわしオルガンのこと

てまわしオルガンはじめました

きちゃった
ついに
うちに

わぁ



by a-avenue | 2010-11-18 02:33 | てまわしオルガンのこと

感謝をこめて

てまわしオルガンはとても高価な楽器です
いつか作ってもらいたいっておもって
そのときはかならず大道芸で
道でいただいたお金だけで作ろうって
そう決めて

その前にいろんなてまわしオルガンが見たくて
いろんな町を流れるうちに
ひとりの方と出会います。

オルガンにとてもお詳しいその方は
様々な音をおしえてくださり
それから
一台のオルガンを
道で弾いてと預けてくださいました。

日本には実は想像よりも多くの手回しオルガンをもっている人がいます。
その多くの方が
はじまりは道でオルガンと出会って
それから家にもつまでになるみたい。

ときどきの人は博物館をもったり
ときどきの人はそれを作るようになったり

そんなときどきのうちの
道で弾く人になろうとおもいます。

だれもがはじめてとおった
音と出会った時を
何処かで
つむぎつづけようと



そのオルガンを弾いています。
ありがとうございます。
感謝をこめて



by a-avenue | 2010-11-18 01:20 | てまわしオルガンのこと

手廻しオルガンのおじいさん

ヘルシンキの街を手回し音楽のおじいさんがあるく
まだ肌寒いのにアウトサイドなカフェの人の前をゆっくりと

パイプオルガンをやわらかくちいさくしたような
いい音

町をうろうろあるいていると
あ、さっきの音がまた どこかから

みえないのに音だけそこにいる

抗えず探しだす
手回し車の上に白いヤカンがあって
そこにコインをいれる人がいて

あ、大道芸

ふっと、ほっとして
しばらくいっしょにすごす

このままついていきたくなっちゃうようなやさしい音
これ、ほしいなぁ。。。



今日はたちつくすだけだけど

この旅は
このひとに会いにきたんだな
って おもった

ひとりあえたら
旅だなっておもう


光があって白い街
音がある おとがある



by a-avenue | 2010-04-29 17:00 | てまわしオルガンのこと

冬と春のしましま

フィンランドの空港からのエアラインのシティ行きのバスは窓がしましま
バウハウスと書かれた看板が気になり撮るも
しましましててよくわかんない

セントラル駅までにみかけたムーミン、1体
あんまりいない

午後4時に出たバスからみるヘルシンキは
日が高い
天頂から30度くらいしか落ちていないんじゃないかな

春と冬が同時にそこにある
足元にあかるいみどりの若葉
見上げれば葉のない色のない針葉樹
ふしぎな希望を持った景色

夜9時、だいたいのお店は閉まるころ
まだ世界が白い。
ここは白夜ではないけれど、白夜とよぶわけがわかる。
沈まない強い陽の下で人々がみんな光の中に影でいる。

黒でない髪が透けて輪郭が町に溶ける。
まぶしい。とてもしあわせなまぶしさ。
そのあとやっと青い時間、

夜10時にようやく夜になる。

明日 この町を歩こう。



by a-avenue | 2010-04-28 22:00 | てまわしオルガンのこと

手回しオルガンの木の音色 まちからここから www.temawashi.org
by a-avenue
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧